〒389-0207 長野県北佐久郡御代田町馬瀬口1670-74
9:00~18:00(お盆、年末年始除く)
定休日
トップページ > なぜ、地震に強く、長く安心してくらせるのか?

お役立ち記事

なぜ、地震に強く、長く安心してくらせるのか?

耐震等級

耐震とは、大地震への備えと考えてください。

木造住宅を建てる際、気になるのが地震にどれだけ強いかです。


その判断基準となるのが、耐震等級です。


耐震等級とは、耐震性能を表すランクのことで、

「住宅の品質確保の促進に関する法律」に則った住宅性能で、

3つのランクに分けられています。


【耐震等級1】

・数百年に1度発生する地震でも倒壊しない

・数十年に1度発生する地震に対して損傷しない程度

 ※建築基準法で定められている最低限の耐震性能です。


【耐震等級2】

・等級1で想定される1.25倍の地震でも耐えられる

 ※学校や避難所など、公共の建物に耐震等級2が多いです。


【耐震等級3】

・等級1で想定される1.5倍の地震が起きても耐えられる

 ※消防署や警察署といった災害復興の拠点となる防災施設の耐震等級で

  現在の日本最高ランクの耐震基準です。


家を建てる前に一度は確認して欲しい地震に強い構造(耐震等級3)

新築後何十年経ったら、キッチン・ユニットバス・サッシなどは取り替えが可能ですが、

基礎や柱など家の構造部分に関しては取り替え不可能です。


つまり、「地震に強い家か?弱い家か?」は最初の構造部分で決まってしまうのです。


長野県は大きな地震が比較的少ない地域ですが、地震はいつ起こるかわかりません。

・地震に強い住宅はどんな構造なのか?

・他の住宅とどこが違うのか?


大井建設では、耐震等級3の家を標準としています。

構造計算

住宅には、重力はもちろん、地震、台風の風圧、雪など

さまざまな力がかかってきます。


これらの力に対して安全に設計するための計算のことを

構造計算と言います。


しかし、日本の住宅の約8割を占める木造住宅は、

ほとんど、この構造計算がされていません。


なぜなら、木造の2階建て住宅には、構造計算をする義務がないからです。

※3階建て以上は必要です。


大きな地震が起こる度に、木造住宅に被害が多いのは、

このことが原因の一つと言われています。


多くの木造住宅は、壁量計算と呼ばれる簡易的な計算方法で設計されています。

※壁量計算とは、必要な壁の量を求めるための計算方法


では、「壁量計算」と「構造計算(許容応力度計算)」では、

どの程度、計算量が違うのか?


「壁量計算」は、A3用紙1枚で事足りるのに対し、

「構造計算」は、A4用紙で250~300枚程度の計算量が必要です。


費用も労力もかかります。


大井建設は、お客様の安全のために、この構造計算を実施しています。


ぜひ、家づくりをする際、特に木造住宅を建てる際には、

住宅会社に「この家は構造計算をしていますか、それとも壁量計算ですか?」

と確認してくださいね。