〒389-0207 長野県北佐久郡御代田町馬瀬口1670-74
9:00~18:00(お盆、年末年始除く)
定休日
トップページ < 長年の思いが実現 家族の笑顔を生むモダンハウス

長年の思いが実現 家族の笑顔を生むモダンハウス

大きめの掃き出し窓から陽光が降り注ぐ明るいリビング。階段部分を吹き抜けにし、天井は梁を出したことで全体が開放感に満ちている。「モダンな雰囲気にしたかったので壁と床は白、建具はダークブラウンを基調にしました」と奥様。

堅実なライフプランがあるからこだわりの家がつくれる

 ご夫妻が家を建てようと思ったのは8年前。結婚して2年目のことでした。
「家賃を払い続けるなら家を建てた方がいいなと思いました。そこで住宅展示場や説明会に行くようになったんです」。そう話すご主人。


しかし、家のイメージと予算の折り合いがつかずに家づくりは難航。そんな中で出合ったのが大井建設工業だったと言います。


「親しみやすかったのもありますが、一番の決め手は将来を見据えたライフプランシミュレーション。子供の教育費や車の買い換えなど、これからの人生で必要になるお金を踏まえた上での住宅ローンを提案してくれました。ここなら希望の家が建てられると思ったんです」。

 予算の目処が立った頃にタイミング良く土地も見つかり、家づくりが本格スタート。

役割をはっきりさせながらも広がりを感じさせるLDK

「一番こだわったのはLDKの間取りです。ダイニングキッチンは食事、リビングはくつろぐ場所と生活空間を分けたかった。でも、仕切りはつくりたくないのでL字型にしようと思いました」。

そう話すのは奥様。それぞれの役割をはっきりさせながらも広がりを感じさせるLDKになったと喜びます。


その一翼を担っているのが階段の吹き抜け。ご夫妻のもう一つのこだわりです。


「開放感が欲しかったので、小さくてもいいからつくろうと決めていました。2階から1階の様子がわかるからか、子供たちが2 階のホールや部屋でのびのび遊んでいるのもうれしいですね」とご主人。
こうしたこだわりの数々は、以前住んでいた集合住宅の不満を解消するものでした。

ソファの配置もリビングとダイニングの空間を分けるポイント。キッチンカウンターの上につくった棚には思い出の写真を。キッチンの奥には食料庫も設けている。


小上がりの和室。壁はリビング側のテレビの高さに合わせ、玄関側には格子の間仕切りを置いたことで、
独立しながらも開放感のある空間づくりに成功。

和室の小上がりの床下を利用した引き出し。キャスター付きなので出し入れもラクラク。

キッチンもダークブラウンで統一。
家事をしながらお子様の勉強を見られるようにダイニングの角に机を造り付け。


洗面所には着替えもタオルもすべて入る大きな収納棚。
出入り口の扉は茶、目立たせたくない収納の扉は白と使い分け。

家族みんながのんびりできる共有スペース

「2階にホールを設けたのも、前の家では雨が降ると洗濯物を干す場所がなくて困ったからです。窓もホールだけではなく、全体的に大きく多めに設けたので、採光性も通気性も言うことなしですね」。

室内で洗濯物を干すために必須だったという2階のホール。「イスを置いてのんびりできるようにしてもいいですね」と奥様。

2階のホールに、絶対につくりたかったのが備え付けの本棚。家族みんなが自由に読めるように共有スペースに本を置きたかったんです。そこで、階段の壁をくりぬいて棚をつくってもらいました。(奥様)

子供部屋は左右対称に二つ。「子供にも好みがあると思うから」と、壁も床も色が合わせやすい白系でまとめた。


主寝室だけは床もダークブラウンにしてより落ち着いた空間に。壁一面のクローゼットに3畳の納戸と、収納もたっぷり。


30年後も楽しく幸せに暮らせる家づくり

 とびきりの笑顔で 「とても楽しく家づくりができました」と話す奥様。

結婚してから丸10年。二人のお子様に恵まれ、念願の家も完成したご夫妻の新しい10年が始まります。

Reference

小上がり和室

  すっきりシンプル! 角地を逆手に取った見晴らしの家

  抜群のロケーション!開放感と眺望を楽しむ家

リビング階段

  最高の景色でおもてなし 森とつながるカラマツの家

  光あふれる吹き抜けで ゆるやかにつながる空間

もっと詳しく知りたい方は